ワクワクチャージの方法【Visionの創造ワークショップより】

2019.12.20

ビジョンがはっきりしないとき。

 

それは、
見るための「光」が足りないということ。

 

「光」とは、「ワクワク」

その光源は自分の「魂」です。

 

なので、
自分自身の魂と仲良くすることが、
ワクワクという光を見つけるのに
一番大事。

 

具体的な方法は、とにかく、
「楽しい」「嬉しい」「心地よい」
を、毎日1回でもいいから
体が実感すること。

これがとっても魂が喜ぶことなんです。

 

ワクワクできない体質の方は、
リハビリと思って体を喜ばせてください!

 

・・・ということを、

ワクワクできない方へ【Visionの創造ワークショップより】

ではお伝えしました。

 

 

その光(ワクワク)が
出てきたときに、チャージするための方法も
幸田先生はお話しされていましたので、
今日は、これをお伝えしますね(^^)

光がチャージされてくるに従って、
どんどん光が強くなり、
遠くまで照らすことができる。
大きなヴィジョンが見えてくる。

・・・こんないいことがあるのだそうです。

 

 

光(ワクワク)をチャージするというのは、
光源までトンネルを掘るイメージです。

 

このトンネルを掘るというのは、
具体的にどういうことか、わかりますか?

それは・・

 

「考える」こと。

 

だそうです。

 

この図を見てください。
人の意識の仕組みを表した図です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さくて見にくいかもしれませんね。
中央上部の黄緑の部分が

「顕在意識」

自分で認識できている意識
つまり自覚して頭で考えていることです。

 

そのすぐ下の部分が

「潜在意識」

普段は自覚していない意識です。

 

さらに一番下1/4くらいの広がっている部分が

「普遍的集合無意識層」

自分一人ではなく、
人と繋がっている意識の領域で、
スピリチュアルなどだと、「ワンネス」
と呼ばれたりもしています。

 

光源の「魂」は
「普遍的集合無意識層」の部分にあります。

 

考えることは、顕在意識から魂まで、
トンネルを下へ下へと掘ってくこと。

 

それがワクワクをチャージすることなのです。

 

 

例えば、

「これをしようと決めたけど、
行動できない」

ということ、あったりしませんか?

 

そういうときに、

「なぜ行動できないのか?」

を考えることなどがそうです。

 

今回の講座では、こういうときの考え方も
教えてもらいました。

 

====================

(1)その行動は、
なんのためにするのですか?

(2)それをすることによって
何を得られると思っているのですか?

(3)それを得たことで
何にどう役立つのですか?

====================

この問いかけ。

講座中にみんなでやってみたのですが、
すごいですよ(^^)

 

「あ、そういえば私は
こういう気持ちを持っていたんだ!」

と、心の奥の思いに気付けたり、

 

「これをすることでもっとこんなに
いいことがある!」

と、もっと深い価値に気付けたりして、

 

ワクワクの気持ちが蘇ってきました。

 

幸田先生からは、

「ワクワクがない人は特に
光をチャージするイメージで!」

とのこと。

 

 

ぜひ、今

「行動できない」

ことがある方は、試してみてくださいね。

 

 

そして、これはプラスを考えるほうですが、
これであまりうまくいかない時など特に、
マイナスを観ていくことをすると
相乗効果があります(^^)

ここは、感情学修がとても役立つので、
よかったら感情学修カフェ
みんなでやってみましょう(^^)

 

次回は、さらなる考えることのメリットを
お伝えしますね。