タイトル

イライラしたり、心配したり、自分を責めたりって、あまり心地いいものじゃないですよね。

なので、そういうネガティブな感情を感じなくてすむように、カラオケやスポーツ、お酒を飲んで気を紛らわせたり、その他にもイメージワークや暗示、切り替え、思い込ませるなど、世の中にはいろいろな方法があります。

その方法によって二度と同じ感情で苦しまなくなればいいのですが、そもそもイメージするのが苦手とか、その瞬間だけ楽になったけど、一時的な対処にすぎずまたぶり返してきたりなど、何度も繰り返しやっているけど効果が感じられないということはありませんか。

IRMでは、何故そのような感情が出るのかの「しくみ」を学ぶことで、対処ではなく根本的に感情の浄化をし、現実の改善・好転をはかります。

さらにそのネガティブな感情をともなう体験を肯定的に受け入れることで、自分の望む未来のために活かしていく具体的な方法・技術が、「感情学修」なのです。

「感情学修」は一度習得すると誰の力も借りることなく、いつでもどこでも自分の力でできるようになります。そして、その能力は一生涯使うことができるだけでなく、周りの方々のケアもできるようになるんです。

IRMでは、誰にでも感情学修ができて、効果を実感できるように、感情学修の「型」を創り上げました。 30年以上にわたる研究と、延べ1万人以上に及ぶカウンセリングの確かな実績がそれを可能にしたのです。

誰しも「感情に振り回される」ということがあるかと思いますが、この「型」をマスターすることで、まず感情に振り回されなくなります。

それだけでなく、イキイキ、ワクワク、「感情」を望む人生を創り上げるための大きな“味方”にできるのです!