自己否定の意識が出た時はどうする?

2019.07.31
カテゴリー:感情科学,自己肯定感

おはようございます(^^)

江渡由美です。

今日は、昨日に引き続き、

IRMエキスパートガイドの
「間野智子さん」より、

【自己肯定感】についてのお話です。

昨日は、

『自己肯定感が低い「意識」とは?』

についてお伝えしました。

内容は…

自己肯定感が低いと、

“自己否定”の意識を放っていることになり、
この“否定”の意識(=思考)が
望まない現実を創ってしまう…

ではどうしたら良いのでしょうか?

ということでした。

続きはこちらからどうぞ(*゚▽゚)ノ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

考えてみましたか?

自己否定の意識が出てしまった時に、
どうしたら良いのでしょうか?

それでは、答えです。

世の中にはやり方が
いろいろあると思いますが、

IRMでおすすめしている方法は、

「何で、出来ないと思ってしまうのか?」

ということを、考えてみることです。

例えば、

・みんなに無理だと言われたから

・壁を登っている人がすごく少ないから

・以前他の壁に登ろうとしたけど失敗したから

・目の前で挫折した人を見たから

など。

( 2番目、3番目の理由について、

“壁”とありますが、
目の前に大きな壁が立ちはだかっているとして、

「その壁を登ってから先に進むと、
大きな精神的な成長が約束されている」

とした時、どんな選択をしたいか?

という昨日のメールレターに引き続いての
説明になっています。)

多分、もっといろいろと
出てくるのではないでしょうか。

でも、
ここでちょっと考えてみて欲しいんです。

この挙げた理由があるから
自分は出来ないと決めつけてしまうのは、

本当に正しいでしょうか?

自信を持って100%真実だと、言えますか?

それと、
「みんなに言われた」の「みんな」って、
具体的には何人ですか?

せいぜい数人~数十人で、
世界中の人からは言われていないですよね。

今まで失敗したからと言って、
この先成功しないと
言い切れるものでしょうか?

「101回目のプロポーズ」というドラマでは、

主人公は100回目のお見合いで出会った方に、
フラれてもフラれてもアタックして
最後には成功していましたよね。
(知らなかったらすみません^^;)

「100回やってダメ=この先ずっとダメ」

ではないんです!

こうやって考えていくと、
「出来ない」と決めつける必要が
なくなっていきませんか?

このように、
出来ないと思っている理由を挙げたり、
それが本当なのかを考えたりするのが、
「自分と向き合う」ということです。

自己肯定感を高めていくには、
自分と向き合うことがとても大事。

この向き合い方の型が「感情学修」です。

型があると、
グッとやりやすくなりますよ。

(感情学修の型が書かれたシートは、
勉強会でプレゼントしています)

是非あなたも
自分と向き合ってみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は、ここが心に響きました。

“出来ないと思っている理由を挙げたり、
それが本当なのかを考えたりするのが、
「自分と向き合う」ということ。”

感情学修で、
どうして?どうして?…と、
理由をどんどん掘り下げて考えていくと、
自分の「芯」にたどり着くことができます。

その「芯」とは、
自分の『本心』と言い換えることができると
思います。

“『本心』を聴くこと”

これが感情学修の醍醐味だと思います。

『本心』にアクセスできたら、
ブレることがなくなるのだと思います。

自分の本心に素直に、正直に生きること。

清々しいですよね。

私もそんな風でありたいです。

なので、感情学修でコツコツと、
自分と向き合い続けます。

あなたは、
どんな人生を歩みたいですか?


IRM の無料メルマガでは、
このような記事を毎日配信しています!

すでにご購読いただいている皆さま、
いつもお読みいただき、ありがとうございます。

ご登録はこちらからお願いします。